Jivan Premo healing

名古屋市内のレンタルサロンにてセッションを提供しております。

最寄駅

◆中村区役所駅 徒歩8分

◆千種駅 徒歩5分

営業時間:10:00〜22:00

jivanpremo@gmail.com

 

  • Facebook Social Icon

​ヒプノセラピーのセッションについて

◇催眠状態ってどんな状態ですか?

→催眠と聞くと何かコントロールされたり意識を失うというイメージが湧いてくるかもしれません。

ヒプノセラピーでは催眠状態を思考の働きが弱くなったリラックスした状態と呼んでいます。

セッション中は意識もあり、より集中した状態になります。

言いたくないことや体験する準備のできていないことへの誘導はありませんのでご安心ください。

◇セッション中の催眠状態って意識がなくなるの?

→セッション中に意識がなくなるということはありません。ただ、いつもよりもリラックスした状態

になり、思考による判断が弱くなり感覚やイメージを司る潜在意識が優位になります。

そのため、セッション中は感覚やイメージを受け取りながら頭の中で別の声がするという感じがする

​かもしれません。

◇催眠状態に入れるか不安です、、、、。

→実は私たちは日常生活の中で、軽い催眠状態(深くリラックスしていたり集中している)に出たり入っしています。

車の運転、何かに没頭しているとき、瞑想しているとき、眠る前のぼんやりしている状態のときなどです。セッションでは普段の軽い催眠状態から言葉の誘導によって催眠の深度を深めていきます。

全員催眠状態に入りますので、セラピストの誘導にゆだねていただければ大丈夫です。

◇セッションで出て来たイメージは何でしょうか?前世はあるのでしょうか?

→セッションでは潜在意識が体験する必要のあるイメージや言葉、感覚、感情などを伝えてきます。

前世やお腹の中、幼少期の場面、はたまた言葉では説明できない形や物が存在しない場面を通してなどさまざまです。

それらが一体何なのか?を知る事にも意味がありますが、セッション中は判断を手放しましょう。

それよりもそれらの体験を通してそのイメージが何を伝えようとしているのか、自分自身がどう感じるのか、エネルギーが動き癒しや気づきが

起こることが大切です。

セッションはいろんな意味で自分自身を見つめる機会となります。

セッションを受ける前になにを感じているのか、セッション中なにを感じたのか、セッションを振り返ってセッションを受ける前とどんな風に感じ方が変わったのかなど、今自分自身の中で何が起こっているのかを感じて観察していただくことをおすすめします。

◇はじめてのセッションで不安です

→催眠、知らないセラピストに会う、初めての場所で、、、など不安と感じる要素は様々かもしれま

せん。実際のセッションでは、最初にお茶を飲みながらお話を伺っていき、催眠やセッションについてもお話させていただきます。

よくわからないままセッションに入るということはないのでご安心ください。

当日になりどうしても不安でセッションが受けられないという場合は、カウンセリングのみなどセラピストと相談してセッションをすすめていきます。ゆっくりとお話をしていきましょう。そして不安という感情を見つめるチャンスとして捉えていきましょう。